廃車買取【水没車・冠水車・不動車・事故車・中古車などの買取査定】

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

レッカー引き取り無料!

抹消手続き無料代行!

中古車買い取りの老舗!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

ちゃんとした業者に依頼すればお金になりますよ!

いろんな事情で車を引き取り処分してもらいたい場合、ちゃんとした業者に頼めば、予想もしていなかったお金が手元に残るのが普通です。

 

昔と違うんです。

 

廃車買取【水没車・冠水車・不動車・事故車・中古車などの買取査定】

今は、原則として、すべての車に自動車リサイクル料がすでに支払われていて、車を受け取った廃車専門業者はこのリサイクル料金を受け取るので、赤字になる心配がありません。

 

だからこそ、「レッカー引き取り無料」とか「抹消手続き無料代行」といったことが可能なのです。

 

べつにボランティアでやっているのではないんです。

 

どんな車を引き取っても赤字になる心配がないので、後は、まだまだ中古車として売れる車や部品取りしてその部品を売却できる車であれば、<プラス査定>となり、買取価格が付きます。

 

また、自動車税自動車重量税自賠責保険料などの戻りが発生するケースでは、これらのお金も手元に戻ってきます(買取価格とは別枠で戻ります)。

 

最悪のケース、車の程度が非常に悪くて、業者として引き取り後にお金に換えることが困難な車の場合であっても、上記のように、自動車リサイクル料金は確実に受け取れるので、業者の収支がマイナスになることはありません

 

だから、「どんな車でも最低0円で買取します」ということが可能なのです。

以下に、当サイトがおすすめする廃車・中古車引き取り専門業者をランキングでご紹介します。

カーネクスト(全国対応)

廃車買取【水没車・冠水車・不動車・事故車・中古車などの買取査定】

カーネクストに廃車手続きを依頼すると最低でも自己負担0円でやってもらえます(「0円以上買取保証付」)。

 

廃車・水没車・冠水車・中古車・事故車・不動車・放置車・故障車・低年式車・過走行車等どんな車でも受け付けています。

 

レッカーや積載車で引き取り・処分してもらった場合でも自己負担ナシです。

 

 

・陸運局で一連の登録抹消手続きを代行してくれるので手間いらずです。【無料】

 

・車検期間が残っている車なら自動車税や自動車重量税の還付金を後日受け取れます。

 

・カーネクストはアフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースがごく普通にあります。

 

・ごく一般的な乗用車はもちろん商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も国外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が当たり前になっています。

 

日本車の耐久性の高さは、過去数十年の実績が証明しているところです。

 

車検切れの車ローンが残っている車亡くなった親名義の車で遺産相続の対象になっている車自分の土地に放置されている他人名義の車海外赴任で急遽廃車にしたい車など、一般人には厄介に思える「特殊案件」でも、豊富な経験を持つプロとしてごく当たり前に対応してくれます。

 

追跡システムを導入しているので、引き渡した車の「その後」がわかり、とても安心感が高いです。

 

お急ぎの場合はここ1社だけでいいですが、時間に余裕があれば2位あるいは3位にも査定依頼し、競合させた方がより高い査定額が期待できると思います。

廃車トッドコム(全国対応)

廃車買取【水没車・冠水車・不動車・事故車・中古車などの買取査定】

廃車ドットコムに廃車手続きを依頼した場合も、その後の手続きの流れはランキング1位のカーネクストとほぼ同じです。

 

・廃車に伴う自己負担は無料ですし、レッカーや積載車で引き取り・処分してもらった場合も自己負担はありません。

 

・業者としては、「自動車リサイクル料」を確実に受け取れるので、赤字になる心配がないのです。

 

・車の程度がよければプラス査定が付き、有料での「買取」となります。

 

・陸運局での廃車手続きの代行も無料でやってくれますし、自動車税や自動車重量税の還付手続きも無料で代行してくれます。

 

・廃車ドットコムとランキング1位のカーネクストとの違いは、得意分野がやや異なるところです。

 

・カーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った車を完成車のまま輸出するのが得意です。

 

・一方、廃車ドットコムの方は、車を徹底的に分解整理し、使えるパーツは隅から隅まで「部品」として使い切ることが得意で、そのための国内販路・海外販路を豊富に抱えています

 

・では、まだ走行可能な車はカーネクストの方が高い値段が付き、不動車は廃車ドットコムの方が有利かというと、それは一概に言えません。

 

・廃車・中古車市場は生き物で、それぞれが「いま特に必要としているもの」が違っていて、引き取るタイミングによって、どちらがより高い査定をつけてくれるかは、その時によって異なるからです。

 

・ですから、時間的に余裕があれば、カーネクストと廃車ドットコムの両方に査定見積もりを依頼するのがベストだと思います。

 

・やはり、1社だけに依頼するよりも、複数社に依頼して、競う相手がいることをそれぞれの業者さんに知らせた方が、より高い査定額が付きやすいのが世の常ですから

 

ズバット車買取比較(全国対応)

廃車買取【水没車・冠水車・不動車・事故車・中古車などの買取査定】

ズバット車買取比較は中古車の一括査定比較サイトです。

 

・ランキング1位と2位は共に廃車買取専門店ですが、ズバット車買取の得意分野は一般的な中古車です。

 

・廃車を検討しているお車が、まだ充分使用できる車で、外装も内装も一定の水準を保っているお車なら、中古車買取で強みを発揮するズバット車買取に査定依頼することで、思わぬ金額が付くことがあります。

 

たとえディーラーで査定が付かないと言われた中古車でも、ズバットなら買取額が付くことはごく普通のことです

 

・ズバット車買取に査定を申し込むと、申し込んだあなたの車の情報が全国200社を超える車買取店に一斉にメール配信されます(個人情報は厳守されます)。

 

・すると、200を超える買取店がそれぞれあなたの車に対する買取金額を提示します。

 

・そうやって提示された買取金額の上位5社〜10社をコンピューターが絞り込み、絞り込まれた数社からあなたにメールや電話で連絡がきます(たいてい5社前後)。

 

あとは、それらの会社の中で一番高く買い取ってくれる会社を選ぶだけです

 

事故車、不動車、車検切れで放置された車、水没車などは、ランキング1位と2位の廃車専門店2社で競合する方法をオススメしますが、現役でじゅうぶん活躍できそうな車なら、カーネクストとズバット車買取比較の2カ所で競合した場合が一番いい結果が得られるでしょう

 

■専門業者に任せるのが一番お得な方法ですよ!

過走行・低年式車 事故車 車検切れの車

廃車買取【水没車・冠水車・不動車・事故車・中古車などの買取査定】

廃車買取【水没車・冠水車・不動車・事故車・中古車などの買取査定】

故障車 水没車 放置車

車の廃車処分をご検討されているあなた。
当サイトはそんなあなたに最もカンタン最もオトクな方法をご提案しています。

 

ぜひ参考になさっていただきたいと思います。

 

さて、やむを得ない事情で車を廃車として処分する場合、一番カンタンな方法は、全ての手続きを業者にやってもらうことです。

 

もちろん自分でも廃車手続きはできますが、その場合、手続きを行う陸運局は平日のみの受付なので有給休暇等を取らなければならない人もいるでしょう。

 

また各種申請書類への記入も、実際にやってみるとけっこう難しくて、窓口の担当者に何度も訊くことになるでしょう。

 

そういうわけで、かなりの手間がかかる作業となり、陸運局が近い人でも半日、遠い人なら1日つぶすことになってしまうはずです。

 

では、お金の面ではどうでしょう?

 

一番オトクな方法、つまり、自己負担が最も少なくて済む方法は、常識的に考えて、全ての手続きを自分でやってしまうこと・・・と普通は考えるところでしょう。

 

自分でやるのは手間がかかるけれど、お金の損得で言えば、一番安上がりで済むだろうと誰もが考えるのが普通です。

 

でも、これは間違っているんですね。

 

廃車専門の業者に任せるのが一番オトクなんです。

 

⇒一番カンタンなのも廃車専門業者に任せること
⇒一番オトクなのも廃車専門業者に任せること

 

これが結論です。

 

ですが、もう少しその理由をお話しさせてください。

 

廃車手続きを陸運局に出向いて自分でやると、わずか数百円の出費で済みます(交通費が別途かかりますが)。

 

しかし、その手続きをするには、それに先だって、まず車を解体処理し、解体処理したことを証明する書類を陸運局に持参する必要があります。

 

この解体処理にお金がかかるんです。

 

10000円〜30000万円くらいかかるでしょう。

 

あなたが自分で車を解体業者に持ち込んだ場合は10000円前後の出費になるでしょう。

 

もう車が動かない状態でレッカーや運搬車で引き取ってもらった上で解体した場合は、さらに15000円〜20000円追加になるでしょう。

 

つまり、廃車処理を、業者に代行してもらうのではなく、すべて自分でやった場合でも、自己負担は10000円〜30000円かかるのです。

 

「そのくらいで済むなら、まあいいんじゃないか」

 

という方もいらっしゃるでしょう。

 

また、これから車に関わる仕事に就く予定の方であれば、勉強の意味で、こうした手続きを一度経験しておくのは、後々役に立つことでしょう。

 

けれども、もっとカンタンで自己負担も必要としない方法が他にあるなら、ほとんどの人はそちらの方法を選ぶのではありませんか?

 

それが、廃車処分を専門に行う業者に依頼することなんです。

 

こうした業者の呼び方はいろいろあって、廃車買取業者、廃車手続き業者、廃車引取専門業者、事故車専門引取業者、不動車・水没車引取業者、放置車処理業者などいろいろです。

 

目立たない地味な業者さんたちですが、日本全国に数多く存在するのです。

 

というより、日本の車社会には欠かせない業者さんたちで、(社)日本自動車工業会の統計によると、日本では毎年500万台前後の車が廃車として処分されているのです。

 

廃車業界って、実は、一大産業なんですね。

 

だけど、それほど重要で、数もたくさんあるにもかかわらず、あまり目立たないのはなぜか?

 

そんな疑問も湧くでしょう。

 

その理由は、これら廃車専門業者というのは、多くの場合、私たち一般の車ユーザーと直接に関わることは少なくて、間接的なつながりであるケースがほとんどだからです。

 

例えば、ディーラーで新車を買う際、これまで乗っていた車を下取りに出そうとしたところ、

 

「申し訳ないけど、査定がつきません。」

 

と言われることがあります。

 

10万キロを超える、いわゆる過走行車で、年式も古い車であれば、たいていこういうことになります。

 

仕方なく、

 

「じゃあ、引き取って処分してもらえますか?」

 

とあなたが訊くと、

 

「わかりました。当方で廃車処分させていただきます。費用として20000円ほどかかりますが・・・」

 

という話の流れになるのですね。

 

さて、この例で言うと、ディーラーがあなたの車を引き取った後、その車をどこへ引き渡すかというと、そうなんです、その引き渡し先こそが、廃車専門業者なんです。

 

廃車専門業者というのは、こういう形で、私たち一般の車ユーザーと間接的につながっているんです。

 

ディーラーが廃車費用として20000円請求するのは、中間マージンを取るからです。

 

引き渡しの際の手数料というわけですね。

 

それなら、あなたが直接廃車専門業者に引き取りを依頼すれば、中間マージンは不要となって、最低でも自己負担0円で車を処分してもらえます。

 

車の状態がよければ、30000円、50000円、100000円というプラス査定になって、逆にお金をもらえることもあるんです!

 

「廃車処分」ではなくて「廃車買取」ですね。

 

実際のところ、廃車専門業者に車の引き取りを依頼した場合、プラス査定になってお金がもらえるケースの方が多いのです!

 

その理由は、廃車として引き取られた車にも、まだまだ以下のような価値があるからなんです。

 

⇒車種や状態によっては、中古車として日本国内で買い手が付く場合がある

 

⇒日本国内で買い手が付かなくても、東南アジア・南米・ヨーロッパなどに輸出すれば、「日本車」ということで喜んで買い手が付く(外国車の方はゴメンナサイ)

 

⇒日本でも外国でも買い手が付かなかったとしても、車をバラバラに分解し、パーツごとに整理整頓すれば、それらを必要とする先に「部品」として売ることができる

 

⇒もはや部品取りとしても利用できそうもなかったら、タイヤは燃料、車体は鉄くずとして再利用できる

 

 

ディーラーと違い、廃車専門業者は、このように様々な取引相手・流通経路を持っているのです。

 

これまであまり表舞台に顔を出すことがなかった廃車専門業者ですが、最近は、広告を打って出る業者も増えてきて、一般にも認知されるようになってきました。

 

現在では、多くの人が廃車専門業者に車の引き取りを気軽に依頼しています

 

あなたも、今回、車を手放すことを検討しているのであれば、一度利用することをおすすめします。

----------------------------------------------------------------------------------

 

カーネクスト(全国対応)

 

・時間的な余裕がなく、複数の業者に査定依頼するゆとりがない場合は、この業者1社で特に問題ないと思います。

 

・過去の利用者からの評価が非常に高い会社です。

 

・印鑑証明書などあなたが取り寄せるべき書類、今後の手順など、わかりやすく丁寧に説明してくれる安心感の高い会社です。

 

・引き取った車は何でもかんでも廃車処分するのではなく、まず「中古車」としての引き取り手を探し、それが無理なら隅から隅まで分解して、区分けされた各パーツを「部品」として販売します。

 

・「部品」として利用できない部分は、タイヤは燃料に、プラスチックや金属部分はリサイクルに、と最後の最後まで利用し尽くします。

 

 

・アルミホイール、オーディオ、カーナビ等、取り外して次の車に使いたいものがあれば、ちゃんと外してくれますよ。

 

     

>> カーネクスト(全国対応)に査定依頼する

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

廃車トッドコム(全国対応)

 

・ある程度時間に余裕がある場合は、上のカーネクストだけでなく、こちらの会社にも査定依頼するといいと思います。

 

やはり、1社だけに査定してもらうより、複数の業者に競合してもらった方が、あなたにより有利な金額が出やすいですからね

 

・査定依頼するには車の情報を打ち込む必要があり、同じ事を二度繰り返すのは面倒だと思われるかもしれません。

 

 

・しかし、面倒なのは一度目だけで、二度目は一度目の3分の1から4分の1ほどの時間でできちゃいますよ。

 

 

・「年式」とか「排気量」とか「車台番号」など、車検証のどこを見ればいいのか一度目は迷いますが、二度目は迷いようがないからです。

 

>> 廃車トッドコム(全国対応)に査定依頼する

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

ズバット車買取比較(全国対応)

 

・ここは廃車専門業者ではなく、一般的な「中古車」の一括見積比較サイトです(5社前後の査定比較ができる)。

 

・ディーラーなどで「査定が付かない」と言われたものの、車の状態は決して悪くなく、まだまだ現役で活躍できそうな車ってけっこうあるものです。

 

・また、スポーツ車、四輪駆動のオフロード車、ディーゼル車、商用車(バン・ワゴン・トラックなど)といった特徴のある車は、ディーラーでは査定がつかなくても、こうした車の販売を得意とするお店では喜んで引き取ってくれるケースが数多くあります。

 

・したがって、まだ充分乗れる車をどこかで引き取ってもらおうと思ったら、ズバット車買取比較に査定依頼してみると、思わぬ金額で買い取ってくれる会社が見つかる可能性が高いです。

 

・その際、同時にカーネクストにも査定依頼するとほぼ万全だと言えます。

 

・ズバット車買取比較に参加している業者は、主な取引先が日本国内になりますが、カーネクストの場合は日本国内はもちろん海外輸出するルートも数多く抱えています。

 

・カーネクストとズバット車買取比較の両方に査定依頼することで、国内・海外の幅広い販売ルートを視野に置けるので、より有利な金額が出る可能性が高まるのです。

 

>> ズバット車買取比較(全国対応)

 

----------------------------------------------------------------------------------